テレワークを快適に!ネットワーク環境を改善する3つの方法

テレワーク

最近は働き方改革やコロナ対策の一つとして、自宅で仕事をする機会が増えた方も多いと思います。

自宅の自分の部屋で仕事を始めてみたものの、Wi-Fiの電波が弱くてネットワークがブチブチ切れる。

オンライン会議しているのに音声が全く聞こえず、『会議にならなかった !』 なんて経験された方もいらっしゃるかと思います。私もそんな一人でした。

ほとんどのご家庭のインターネット環境はWi-Fi接続が主流だと思います。Wi-Fiルーター(親機)はリビングに置いてあるのではないでしょうか。

リビングから自分の部屋まで『壁』あり、『ドア』があり、そして『距離』がありと、Wi-Fiルーターから離れた部屋ではWi-Fiの電波は弱く速度低下、ネットワーク切断と安定しない場合があります。

テレワークで私が試した方法について、原始的な方法も含めてネットワーク環境を改善する3つの方法をご紹介します。

皆さんのテレワーク環境の改善につながれば幸いです。

テレワークを快適に!ニトリのワークチェア(リカルドPU)を購入・レビュー
まだまだ続くよテレワーク。皆さんはテレワーク用の椅子や机はどんなものを使っていますか?テレワークなんてまだまだ自分には関係ないと思っていたけど、ある日突然に現実のものとなりましたね。一時的だろうと思って、自宅にある机や椅子を使って...
テレワークを快適に!リフレッシュ法(ベランダでチェアリング)
まだまだ続くよテレワーク。皆さんは自宅での仕事中にどんなことしてリフレッシュしていますか?私の場合、煙草も止めたし、コーヒーも飲み過ぎだし・・・。テレワークでの新たなリフレッシュ法を見つけなければ、心が荒み病んでしまうと思っていた...

おすすめの1冊 ベストセラー11刷突破!『習慣が10割』amazon.co.jpで
KindleUnlimited会員ならkindle版が追加料金なしで読めます。

1.Wi-Fi中継器を使ってネットワーク環境を改善

Wi-Fiルーターと自分の部屋の中間あたりにWi-Fi中継器を置いて、Wi-Fiの電波を改善する方法です。

各メーカーから発売されている機器はコンセントに挿すだけのタイプが多く、廊下などのコンセントに挿して使うだけなので非常にお手軽な方法だと思います。

しかしWi-Fiルーターと同様に、Wi-Fi中継器を設置する場所によっては改善が見込まれない場合があります。

2.LANケーブルを使ってネットワーク環境を改善

原始的ではありますが、長いLANケーブルを使う方法です。

この方法は確実にネットワーク環境を改善します。価格も2,000円前後(20mの場合)で比較的安価で改善ができます。

ただし、邪魔になる、見栄えが悪いのが欠点となります。

3.PLCアダプターを使ってネットワーク環境を改善

最後はPLCアダプターを使う方法です。有線でネットワークに接続する方法になりますが、一部区間を電力線(壁や天井裏に配線されている電気のケーブル)を介してネットワークに接続する方法になりま。長いLANケーブルの欠点を補う方法になります。

PLCアダプターの接続イメージ
PLC接続イメージ

ネットワーク環境改善のまとめ

ネットワーク環境の改善方法を3つご紹介しましたが、個人的には3つの方法を試してて、今のところはPLCアダプターを採用しています。ご参考までに各3つの方法で使用するための機器、ケーブルは以下で購入できます。

おすすめの1冊 ベストセラー11刷突破!『習慣が10割』amazon.co.jpで

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレワーク
yokatooonをフォローする
yokatooon
タイトルとURLをコピーしました