必見!テレワークを活用すれば夏休みに長期帰省が可能になるかも?

テレワーク

ようやく都道府県をまたぐ移動自粛も緩和され、経済活動も少しずつではありますが動きはじめました。今年のゴールデンウィークは緊急事態宣言中でもあり、実家への帰省を我慢された方も多かったのだと思います。その分の反動でお盆休み期間中は例年以上に実家へ帰省する人が増えるのではないかと思っています。新幹線・飛行機・高速道路と大混雑の予感がしませんか?

でも今年は大丈夫かもしれません!(人によってはですが)

テレワークを活用すれば、長期間の帰省が可能になるかもしれません。その方法はテレワークを活用して早めに帰省し、遅くUターンする方法です。例年であればこんな方法は思いつかなかったのですが、今年はコロナ対策によってテレワークが本格的に広まった年です。

お盆休みの前後各1週間をテレワークする宣言をして、お盆休みの混雑を避け早めに実家へ帰省するのです。Uターンも同様に1週間ずらして遅くUターンすれば、混雑を避けて移動ができ、長期滞在でき、さらに交通費が安く抑えられるかもしれません。

この夏、長期間の帰省を実現させるために、今から準備をしておきましょう!

Amazonの「聴く」読書。Amazonオーディオブック audible 最初の1冊は無料。今すぐ聴こう

1.仕事の調整しよう

テレワークの制度があっても自分勝手にと言う訳には行かないかもしれません。職場や同僚と事前に調整して、お盆休み前後はテレワークできる環境を整えておきましょう。

2.家族の都合も考えよう

自分の実家に長期間滞在する場合に家族の都合や気持ちも考えておきましょう。特にパートナー(奥さんまたは旦那さん)も一緒に帰省する場合はそれなりの配慮が必要になるかもしれません。旦那さん(または奥さん)の実家に長期間滞在するのは苦痛に思う方もいらっしゃるようです。

長期間滞在する場合は、パートナーのフォローも忘れずに!

3.テレワーク環境を整えよう

肝心なインターネット環境を確認しましょう。

両親だけで生活している場合、インターネット環境なんて無いご家庭もあると思います。いざインターネット回線を引こうとしても、代理での申請や工事日程の調整、など手間暇がかかるものです。また年に数回しか帰省しないのにインターネット回線準備するなんて贅沢かもしれませんね。
そんな時は、工事不要のコレを選択するのも一つではないでしょうか?

まとめ

テレワークを活用できれば、長期間滞在するのも可能です。ただし事前に職場や家族とも調整、配慮し気持ちよく帰省できることが一番です。またお子さんがいらっしゃる場合はご両親にとっては孫に会える嬉しさ。お子さんは田舎で夏休みを過ごせることを楽しみにしていると思います。

また夏休みや年末年始以外でもテレワークを使えばふらっと帰省できるのではないでしょうか?

何より帰省することがご両親にとっての最高の親孝行になるのだと思います。

Amazonの「聴く」読書。Amazonオーディオブック audible 最初の1冊は無料。今すぐ聴こう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレワーク
yokatooonをフォローする
yokatooon
タイトルとURLをコピーしました