LIFEBOOK UHシリーズが衝撃の軽さ!これ本当に動くの!?

衝撃的な軽さLIFEBOOK WU2/E3 パソコン
衝撃的な軽さLIFEBOOK WU2/E3

富士通のノートパソコンLIFEBOOK UHシリーズ軽量モデル(WU2/E3)に買い替えて、あまりの軽さに衝撃を受けました。
ノートパソコンの買い替え・購入を検討されている方に、この感動を少しでもお伝えできればと思っています。

実際に2か月使ってみての、おすすめのポイントをご紹介します。

いつも持ち歩きたくなる軽さ

LIFEBOOK WU2/E3

実際にノートパソコンの重さを測ってみましたが、写真と通り711gでした。

自宅にある約1.3kgのMacBook Airもそれなりに軽いと思っていましたが、さらに43%も軽いので持った第一印象で衝撃を受けました。

電源を入れるまでは、あまりの軽さにこれモックアップじゃないの?って疑うくらいです。

お世辞抜きでこのパソコンなら常に持ち歩いても負担にならない、持ち歩いていることを忘れるぐらいの軽さだと思います。

指紋認証が便利!

Windowsのログインは指紋認証です。サクッと認証されてログインできるのでとっても便利です。

外出先でのログインはパスワード(キーボードの)のぞき見も気になるポイントですが、指紋認証であればパスワードをのぞき見される危険もありませんね。

LIFEBOOK WU2/E3指紋認証ボタン

白く光っている電源ランプの右側、[Insert]ボタンの上にあるのが、指紋スキャナ搭載の電源ボタンです。

指紋スキャナ搭載の電源ボタンを軽く触れるとWindowsにログインすることができます。

もちろん通常通りパスワードでのログインも可能です。

インターフェースは一通り揃ってる

インターフェースは両側面にあります。前面、背面にはありません。一通り揃っているので、これだけあれば十分でしょう。ちなみにDVD/Blurayドライブはありません。

左側面

LIFEBOOK WU2/E3左側面

写真左から
盗難防止ロック
USB3.2(Gen2)Type-C
USB3.2(Gen2)Type-C
HDMI
USB3.2(Gen1)Type-A
イヤホン

右側面

LIFEBOOK WU2/E3右側面

写真左から
SDカードスロット
USB3.2(Gen1)Type-A
有線LANポート

本体を薄くするためなのでしょうか?有線LANポートは折り畳み式になっており、薄くするための涙ぐましいの努力を感じます。
触った感じもシッカリとしており、安心できるつくりになっています。

UBSポートは全部で4つあるので十分だと思います。

キーボードのバックライトも付いている

LIFEBOOK WU2/E3キーボードバックライト

写真では分かりづらいですが、キーボードにバックライトもついています。ボタンの縁が白く明るく光っています。

[fn]キーを押しながら[SPACE]キーを押すと2段階で明るさが変わります。

ディスプレーが180°開く

購入して約2か月経ちますが、ディスプレイが180°全開することに気づきませんでした。2人以上で対面に座って会話するときには便利そうです。

LIFEBOOK WU2/E3フルオープン(正面)

ディスプレイを180°開いた状態です。真上から撮った写真はこちらです。分かりづらいですが・・・

LIFEBOOK WU2/E3フルオープン(180°)

180°開いた状態を横から撮ったのがこちらです。まさにノートブックって感じになってます。

細かな心遣いに感激です

テレワーク時代のノートパソコンに必須のカメラですが、細かな心遣いに感激です。

LIFEBOOK WU2/E3 camera

ディスプレー上部にあるのカメラには、オンラインミーティングなどで、誤操作による意図しない映り込みを防止できるシャッターがついています。物理的な安心感があります。これは取扱説明書をちゃんと読まないと気づきませんでした。

よく会社なのでは付箋を貼っている人をよく見かけます。

その他

レビュー動画で『本体が軽すぎて机の上をスルスル滑る』とコメントがあったのですが、本体底面にゴム足があるので、ちょっとの力では横移動しないので印象でした安定性はあると思います。

LIFEBOOK WU2/E3背面ゴム足(後)

背面のゴム足(後)

形状は四角で溝が掘ってある形状です。

LIFEBOOK WU2/E3背面ゴム足(前)

背面のゴム足(前)

碁石みたいな形状です。

気になる筐体の質感

LIFEBOOK WU2/E3筐体の質感(マット仕上げ)

写真で伝わりづらいかもしれませんが、基本マット仕上げです。その上に細かな水しぶきが吹き付けられているような感じです。

アダプターってどんなのがついてるの?

意外とアダプターって買うまでどんな形かわからないですよね。届いてびっくりこんなにデカかったのってこともよくありますよね?特にゲーム機なんかのアダプターは。

LIFEBOOK WU2/E3アダプターの重さは247g

気になる形状と重さはこちらです。
形状は写真の通りです。
重さは247gで、本体と合わせても1kgを切ります。

LIFEBOOK WU2/E3アダプターのサイズ(92mm×40mm×29mm)

サイズ感はこんな感じです。

アダプタ本体:92mm×40mm×29mm
ケーブルの長さは
コンセント側:100cm
ノートパソコン側:180cm

軽すぎることの弊害?

軽いからといって、良いことばかりではありません(慣れだけの問題ですが)。

壊れそうで怖い

まず商品到着後の第一印象が『とにかく軽くて、壊れそうで怖い』でした。
そう簡単には壊れないのでしょうが、購入後しばらくはびくびくしながら使っていました。
※購入後2か月が経過し、ようやく普通に使える様になりました。

片手でディスプレイを開くことができない

片手でノートパソコンを開こうとすると、軽すぎるためノートパソコン自体の前面が持ち上がって開くことができません。
ノートパソコンのディスプレイを片手で開くのが癖になっている方には、少々ストレスになるかもれません。
慣れれば何の支障もないと思いますが、毎回のことなので重要なポイントだと思います。

LIFEBOOK WU2/E3 と Macbook Air

ノートパソコンを購入する際に迷うのがこの組み合わせだと思います。我が家も子供が大学に進学する際に授業用のノートパソコンをどれにするかで悩みました。その時はiPhone,Air Pods Proを使っていたので自然とMacBook Airを購入することになりました。

私もノートパソコンを買い替えるときに、同じMacBook Airのスペースグレーを購入するか考えたのですが、一家に2台も同じパソコンはいらないと思い、LIFEBOOK UHシリーズ(WU2/E3)を購入することにしました。

なので我が家には2種類のノートパソコンがあるので、ちょっとだけ比較してみました。

重さ

LIFEBOOK WU2/E3(709g)とMacBook Air(1267)gでLIFEBOOK WU/E3のほうが43%程軽いです。
実際めちゃめちゃ軽いです。

サイズ

横幅はLIFEBOOK WU2/E3のほうが1cm前後大きいですが、奥行きはMacbook Airのほうが1cm前後大きいです。
まあご覧の通りあんまり変わらないです。

どこで買う?

直ぐに欲しいなら

私は直ぐ欲しかったので、amazonで購入しました。色(ブラック/ホワイト/レッド)、SSD容量(128GB/256GB)の組み合わせで6パターン販売されています。

いろいろカスタマイズしたいなら

富士通WEBMARTで購入すれば、色々とカスタマイズできます。CPUをi3にしたり、Microsoft Officeをなしにしたりすれば価格を抑えることができます。オーダーメードはこちらから ↓ ↓ ↓


タイトルとURLをコピーしました