壁掛けテレビの外付けHDD(ハードディスク)収納術

壁掛けテレビのHDD収納 接続機器
壁掛けテレビのHDD収納

壁掛けテレビの設置場所や設置方法、壁掛け金具はなんとなく決まったけれど。

録画用の外付けHDD(ハードディスク)は何処に収納しよう? 次なる課題が発生する方も多いと思います。

私も念願の壁掛けテレビデビューを果たしました。皆さんと同じく録画用の外付けHDD(ハードディスク)を何処に収納するか悩んだ結果、たどり着いた収納方法や検討段階で見つけたアイテムをご紹介します。皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめの1冊 ベストセラー11刷突破!『習慣が10割』amazon.co.jpで
KindleUnlimited会員ならkindle版が追加料金なしで読めます。

市販の収納グッズで外付けハードディスクを収納

まずは、市販の収納アイテムのご紹介です。
テレビ背面のVESAの穴を使って取り付けるみたいなので、壁掛けテレビにするときはちょっと工夫が必要になるかもしれません。

厚さ30mm~48mmの大きいハードディスクに対応したサンワサプライのHDDホルダー

サイズ感として、このBUFFALOの外付けハードディスクが4TBで厚さ33mm(カタログ値)です。
ちなみに、4TBで1万円以下!(2021年7月3日時点)

ポータブルHDD用はホルダーはこちら↓

自作の収納棚

ハードディスクの設置イメージ

壁掛けテレビにした初めのころは、こんな感じで録画用の外付けハードディスクを収納していました。

壁掛けテレビにした方法は、2×4材で壁際に柱を立てて設置する方法だったので、壁とテレビの間に15㎝ぐらいの空間が生まれた。その空間に棚を設置しました。

写真の様に小物を置けるスペースが確保できました。録画用のハードディスクは写真の一番左になります。(写真を撮るためにアームを伸ばしている状態です)

録画用のハードディスク以外にもこんなものも置いてます。

外付けハードディスク以外も収納
  • 電源タップ(写真左上)
  • ゲーム機(Nintendo Switch)(写真右)
  • その他電源アダプター(TV用)

この方法は欠点があり、テレビの配線をやり直すときなど壁掛けテレビのアームを伸ばすと外付けハードディスクが引っ張られて、棚から落下しそうになることでした。
なので次の収納方法↓↓↓に変更することにしました。

100均アイテムで外付けハードディスクを収納

テレビの設置場所や設置方法によっては壁とテレビの後ろに棚を作るのが難しい場合もあると思います。

これまではテレビの後ろに作った棚に録画用の外付けHDDを置いていましたが、100均などでも購入することができる、結束バンド、クリップ、S字フックでテレビに固定しまてみました。

ソニーのBRAVIAはB-CASカードを挿す所にS字フックを引っ掛けることができましたが、引っ掛ける所が無い場合も想定してみました。↓↓↓

マジックテープでテレビの裏に張り付けて収納

マジックテープでテレビの裏面に張り付ける方法です。ポータブルHDDぐらいなら張り付けられそうな気がします。マジックテープで固定することで脱着も簡単になります。

収納付きテレビ金具「TVセッターRKシリーズ」で外付けハードディスクを収納

テレビセッターの収納付きテレビ金具を見つけました。

これから壁掛けテレビの金具を購入される方は、こちらの商品で悩みが一気に解決すると思います。

私は自作で棚を作ったり、100均で買った結束バンド、クリップ、S字フックを駆使して外付けハードディスクを収納しましたが、この壁掛け金具の存在を知っていたらこの商品を買っていたと思います。
ポータブルハードディスク以外にも、辞書サイズのハードディスクやNintend switchなどの小物のデバイスも格納できそうです。

ハードディスクの収納に悩まない!nasneに録画

nasneをご存じでしょうか?
プレイステーションでお馴染みのSony Interactive Entertainmentから発売されていた商品です。
ザックリ言うとネットワークに接続して使うレコーダーで、ハードディスクとチューナー(地デジ・BS・CS)を搭載しています。

このnasneはテレビと直接接続する必要がありません。
自宅のネットワークを介して、録画予約・再生をすることが可能です。

我が家はソニー製のテレビを使っています。テレビの予約画面から予約することもでき、再生も問題なく出来ています。

テレビとnasneを自宅の同一ネットワークに接続する必要があります。

2021年春からはbuffaloがこのnasneを継承して販売されていますが、buffalo製のnasneはBRAVIAから録画予約や録画した番組再生が非対応になったみたいです。ソニー製nasneの在庫品や中古品を探してみてはいかがでしょうか?

ご参考

nasneに録画した番組は同じネットワークに接続されたパソコン、スマートフォン、タブレットからも視聴することができます。また放送中の番組もリアルタイムで視聴可能です。お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットがテレビになります。

ハードディスクの収納に悩まない!HDD内蔵テレビ

そもそも録画用のHDD(ハードディスク)の収納について悩む必要がないかもしれません。

最近珍しいハードディスク内蔵テレビです。私が探した限り、HDD(ハードディスク)内蔵だけはFUNAI製だけでした。他社もあるのですが、DVD/Blu-Rayも内蔵しており、奥行がありすぎ壁掛けテレビには向かないようです。

FUNAI製のテレビはヤマダ電機独占販売みたいです。他の家電量販店では扱いがないようです。

FUNAI製以外でもHDD内蔵テレビを見つけました。山善の商品です。FULL HD、40型、1TBのHDD内蔵です。

壁掛けテレビ用の購入を検討されている方はいかがでしょうか?

ハードディスクの収納に悩まない!離れた場所に収納

お使いのテレビの機種にもよりますが、同じネットワーク上に接続されたNAS(ネットワークに接続されたハードディスク)に録画できる機種もあります。以前使っていた東芝のREGZAではネットワーク経由でNASに録画できました。

NASに録画できるテレビであれば、テレビと離れた場所に置く方法もあります。

ご参考

今使っているソニーのBRAVIA(KJ-43X8000G)では同じソニーのBlurayレコーダー(BDZ-AT700)にネットワーク経由で録画することが可能です。

お使いのテレビの録画機能について操作マニュアルを調べてみるとよいかもしれません。

BRAVIA KJ-43X8000G予約録画イメージ
BRAVIA KJ-43X8000G 予約録画(録画機器でBDZ-AT700 LANが選択できる)

さあ!週末に壁掛けテレビにチャレンジしてみませんか?

あわせて読みたい

またテレビをワイヤレス化してみました、テレビと離れた場所に設置したnasneという機器に録画し再生することができるようになりました。良かったらこの記事もあわせてご覧ください。壁掛けテレビの配線も簡単になるかもしれません。

テレビのアンテナ線を無線化した方法とは?nasne!torne!
コンテンツの内容テレビにアンテナ線をつながなくてもテレビを見る方法のご紹介。この方法でテレビにつながる線は電源コードだけになりました。テレビの視聴、予約録画、再生一通りできます。対象・テレビのアンテナ線を無線化(つなぎたくな...

壁掛けテレビの設置イメージを次の記事でご紹介していますので、もしよろしければ参照していただけると、イメージしやすいかと思います。

【DIY】壁掛けテレビの配線を綺麗に隠す設置方法
壁掛けテレビにする場合に配線をいかに綺麗に仕上げるかがポイント。テレビの下から配線がだら~んと見えていたらせっかくの壁掛けテレビも台無しです。配線を綺麗にそして簡単に隠せる設置方法をご紹介します。

録画用の外付けHDD(ハードディスク)についてはこちら↓

壁掛けテレビにおすすめの外付けHDD
最近のテレビは益々薄型化、軽量化され壁掛けテレビにしたくなる商品が増えてきました。私も19年末にテレビを買い替えたのを機に、壁掛けテレビにしました。その際に外付けHDDを選んだ基準と設置した方法をご紹介します。録画用の外付けHDD...

レコーダー置き場についてはこちら↓

壁掛けテレビにしたらレコーダーどこに置く?
壁掛けテレビにしたらレコーダーをどこに置けばいいか?誰もが悩む問題だと思います。『レコーダーの機能』を『他の機器』、『サービス』に置き換えることで解決できるかもしれません。壁掛けテレビにしたときのレコーダーの置き場問題の解決のヒントになればと思います。

おすすめの1冊 ベストセラー11刷突破!『習慣が10割』amazon.co.jpで

スポンサーリンク
スポンサーリンク
接続機器
yokatooonをフォローする
yokatooon
タイトルとURLをコピーしました